大学生の僕が、小池百合子の政治塾『第六回・希望の塾』に行ってきた。

小池百合子の政治塾『希望の塾』にちもちもべいびーが行ってきたよ〜!

こんにちは〜!今日は1日2記事の更新です!

花粉がすごくてマスクにメガネという完全不審者の格好で池袋を彷徨っておったちもちもべいびーです( ´∀`)

昨日は、池袋の帝京平成大学で行われた、第六回小池百合子政経塾「希望の塾」に行ってきました!

 

はい。実は、特にみなさんにお伝えはしていませんでしたが

実はこの私、いわゆる小池塾の一期生なのです。!!

このブログを始めるにあたり、この小池塾の実態を記事にすることも一つの目的としてあったのですが、実際に記事を作成するのはだいぶ遅れてしましました。

ブログ以外での情報発信としてメディアの取材(フジテレビのMr.サンデー、特ダネ)は何度か受けてきました。

 

みなさんも報道などで小池塾については何度か目にしたこともあるかとは思いますが、実際はどんなものなのかは正直わからないと思います。

そこで、この僕が小池塾一期生としてみなさんにお伝えしていければと思います!

 

と、その前に、希望の塾についてわからない方もいるとは思いますので簡単に説明しようと思います!

希望の塾って一体なんぞや?

希望の塾HPに記載されている設立趣旨を簡単に要約すると

今現在、政治に興味を持ったとしてもそれを実際に学べる機会、場所は少ない。

そのため、そんな改革を志し政治を学びたいとの意欲がある者たちの学習の場として作られたのがこの『希望の塾』である。

まあ、要するに

ちもちも
みんなで政治を勉強するぞ〜〜!

ということですね。

まあ、実際のところは政治を学ぶ機会を作ることよりも

  • 次期都議会選の候補者をこの塾生の中から擁立
  • 政治塾という一種の集金プログラム

主な目的でしょう。

僕は小池百合子氏を基本的には支持をしていますが、今回は公平中立な視点から政治塾ってどのようなものなのかを見ていきたいと思います。

第六回講義に実際行って来た感想

会場へGO!!

池袋まで電車で行き徒歩で会場に向かいました。

今回は前列で講義を聞きたいと考えたため、開会ギリギリに行くいつもとは違い、受付開始の10分前に会場に到着しました。

すると、すでにそこには受付を待つ人の長蛇の列が!!

ちもちも
小池フィーバーすげえええええ!!

と思いながら、僕もちゃっかりと列に加わり並ぼうとしたところ、予定より少し早く受付が開始することになったらしく、すぐに会場入りすることができました。

ボディーチェック

そして、ホールの手前で警備員さんによる手荷物検査となんか棒の先に輪っかがついた金属探知機のようなものを全身に当てられてボディーチェック。

 

てか、バックのチャックを開けて表面だけ見せればパスできる手荷物検査って…

チェック甘すぎでしょ!!

確かに、人数も多いし大変だとは思うけど、もう少ししっかりやってもいいかなとは思いましたね。

一応、本気で命狙われることのある職業だしね..

身分証確認

その後、ボディーチェックをパスすると身分証確認があります。

希望の塾の塾生は、第三回の講義?で塾生証を受け取ったので、その塾生証をスタッフに提示し、名簿確認をします。

ちなみに、僕の塾生証はこちらです。

chimochimobaby-kibounozyuku-zyukuseisyo2

結構配色もシンプルで、このデザインは個人的に好きですw

ホールに入場

そして、塾生証確認を終えるとやっとホールに入ることができます。

座席は特に指定があるわけではなく、先着順で前列から座れます。

帝京平成大学の大ホールということもあり、相当な人数(600人くらい?)を収容できます。それもまぁ綺麗なこと。座席も廊下もピッカピカ(笑)

ちもちも
僕の大学も見習ってほしいですw

塾生の年齢層は比較的バラけていて、案外若い子も多い印象です。

僕は他の講演会などによく行ったりしますが、この小池塾との最大の違いは女性の比率の高さだと思います。

まあ、女性が多い。本当に政治塾なの??ってくらい多いです(笑)

これに関しては非常にいい傾向ですよね!

女性活躍を謳う小池百合子さんに共鳴された方が多いのでしょう。

 

そして、受付開始から45分後に開会。照明が落とされ、希望の塾のプロモーションビデオが流されました。

ちもちも
悔しいけど、これが中々かっこいいんですww

躍動感あふれる映像の加工と音量の緩急をうまくつけて臨場感をだす技術など、完全にプロのクリエーターが作った映像だとわかります。

小池百合子氏のVTR

そして、小池百合子塾長のVTRメッセージが流されます。

chimo-koike

今回は、他の公務と日程が被ってしまい直接参加ができないため、このようなVTRメッセージになってしまったとのこと。

内容は、少子化対策のために「婚活・街コン推進議員連盟」を立ち上げたことの報告。

そして連絡事項として、本来は今回が最終講義になる予定ではあったが、受講者から延長の声が多かったために今後も継続して一期生が学べる環境を整備していくとのこと。また、その料金は後を追って説明されるらしい。

ちもちも
いや〜、いい商売しますの〜〜!!

一応、更なる資金調達をしたいと考える運営側と、純粋に政治を学ぶ場を提供してほしいと思う人々と共にWin-Winの関係ってことですかね(笑)

徳川家広氏の講義

小池百合子氏のVTRが6〜8分程度流れた後、本日の一人目の講師である「徳川家広」さんの講義が始まりました。

chimo-toku

この徳川家広さんは、名前を見て分かる通り徳川家の末裔であり徳川宗家19代目にあたる方です。

 

長々言っても僕の文章力ではみなさんにしっかりとお伝えすることができないので、簡単に話の結論を言うと

東京都は首都大学東京成績上位者1000名に授業料免除、生活費受給という政策を実施することにより、世界中から優秀な人材やモノ、金が集めるべきである。

そして、みなさんも政治を政治を見る目を鍛えてください。

政治の本質的理解とは、起きたことを理解よりも起きなかったことに思いをめぐらせる思考力が必要である。

例を挙げれば、トランプが大統領に当選したことよりも、なぜトランプが潰されなかったかということに着目して思考力をめぐらせる必要がある。

ということを仰っていました。(歴史の話などは、はしょりましたww)

講義内容としては現代政治と歴史を絡めた分析で非常に興味深いものでした。

しかし、いかんせん早口で話がノンストップ。

僕らのように若者は理解ができたとしても、お年を召された方にとっては内容把握ですら大変だったのでは。

事実、後ろの席のおばあさんが

おばあさん
何を言っているのか早すぎてわからんかったわぁ…

と仰っていました(^_^;)

弘兼憲史氏の講義

次に登壇されたのは、漫画・島耕作で有名な「弘兼憲史」さんです。

講義の内容としては、日本の漫画文化の変遷と島耕作を書くにあたり、今までして来た取材についてお話をされました。

講義内容としては、ほとんど政治に関連することはなく、最後の3分ほどで取材をする際の心構えなどの基本的礼儀について講義されました。

正直、雑学としては

「へぇ〜」

というような漫画の文化知識ではあったのですが、実務的に役に立つお話は…(すいません、生意気で..)

まあ、漫画家の方ですし教養としていいお話が聞けました!うん!

 

と、こんな感じでした。(すいません、まとまりのない文章で…)

まとめ

なんだかんだ、いちゃもんを色々と言って来ましたが全体的にはこの「希望の塾」は大変有意義なものであると感じていますし、講義内容にも概ね満足しています!

先ほどありました、別途、受講料を払う追加講義ですが、是非参加させていただくつもりです。

まだまだ政治を語るには素人ですので、しっかりとこのような場所で自分の知識を高めていきたいと思っています。

成長していくちもちもべいびーを乞うご期待!!(笑)

 

はいっ、おわり!

PS.報道関係の皆様、取材の申し込みはこちらからお願いします。

The following two tabs change content below.
ちもちもべいびー
都内在住の変人大学生ブロガー。 好奇心旺盛、だけど面倒くさがり。好きなことは、ブログ・読書・政治・麻雀・音楽鑑賞 全国のブロガーさんと仲良くなりたいと思ってる、今日この頃です。 ちなみに、ちもちもべいびーは「かじれるよ」!
小池百合子の政治塾『希望の塾』にちもちもべいびーが行ってきたよ〜!

コメントを残す